転職サイトおすすめナビゲーション

1.転職はするべきか

 

 終身雇用制が廃止する企業が多い中、年代を問わず多くの人が転職活動をするようになりました。転職をするということは、これまでの人間関係がリセットされるだけではなく、業務のやり方なども一から変化させる必要がありますから、大変な労力と精神的なストレスが加わることになります。

 

 そのため安易な気持ちでの転職はしない方が良いといえるでしょう。しかし、時代は変化して、新しい業界や職種のニーズも次々に誕生しています。

 

 転職後に、生涯年収が上がる、あるいはキャリアアップに繋がるような転職はとても魅力的に感じるでしょう。そこで、まずは自分の年齢や経験から算出される市場価値と、市場のニーズを理解して、転職が有利かどうか考えてみましょう。

 

転職活動におすすめの転職サイト
1.リクナビNEXT
2.リクルートエージェント

 

転職サイトでおすすめなの上記になります。

 

 

転職におすすめの職種とは

2.社会保険労務士のニーズ

 

 法律改正や高齢化社会に向けた社会的なニーズが高い職種は狙い目です。例えば社会保険や年金問題の専門家としての「社会保険労務士」という仕事です。

 

 この職種は、あらゆる企業に欠かすことのできない役割を果たします。何故なら各種社会保険に関する書類を作成して手続きを行うからです。その他にも賃金台帳や就業規則などの書類作成も社会保険労務士の資格がないとできない独占業務となります。

 

 社会保険労務士は全国に約35,000人いるとされていますが、1人あたりで約43の企業と1,500人の労働者をサポートしなければならないため、そのニーズは高く人手不足の職種となります。

 

 また、社労士として勤務するだけではなく、独立して自分のペースで働きながら複数社を掛け持ちすることも可能です。資格取得の難易度は高いですが、取得できればニーズはかなり高い業種です。転職と思いつくと直ぐに行動を起したくなりますが、在職中に勉強しながら資格を取得し、じっくりと確実な転職に備えるという方法もあります。

 

 

3.社会的なニーズを利用する転職

 高齢化が進む日本社会に必要な職種も、転職することで有利な状況になります。たとえば、葬祭ディレクターは、喪主の代行として葬儀を行う際の段取り全般を仕切り、滞りなく終わるまでサポートを行います。

 

 また、宗教にこだわらないさまざまなスタイルの葬儀が求められる近年では、葬祭ディレクターのニーズは高まる一方です。また、ケアマネージャは、介護支援専門員として要介護認定に関する調査や申請代行を行い、要介護認定に応じたケアプランの作成や給付管理を行うため介護保険制度には必要な職業となります。

 

 

4.おわり

 転職する場合、社会のニーズに合わせた職種や業界であれば、おすすめといえるでしょう。しかし、それには国家資格が必要な場合や、業界全体が慢性的な人材不足の状態が続いていることもあり体力的にハードな場合もありますから、自分の中の転職に求めるものを明確にしてから転職することが大切です。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
累計約30万人の転職を実現した人気No.1転職サイト